ともカメラ!~引きこもりがカメラを趣味にしてから~

家の中が大好きな引きこもりが、カメラを持ってからの記録。

金谷は変わらないで欲しい

f:id:tomo-camera:20170410025354j:plain

こんにちは、ともカメラ管理人、ともひろ(@Tomo_camera_)です。

 

4月5日~4月6日は 千葉県の浜金谷にある、

 ”まるも"というコワーキング・スペースに遊びに行っておりました。

f:id:tomo-camera:20170410024112j:plainここは田舎フリーランス要請講座で多くの仲間と出会い、

喜怒哀楽をわかちあった「人生が変わった場所」です。

この場所から僕はカメラマンとして活動を始めました。

 

▼そのあたりの詳細はこちらに書きました▼

tomo-camera.hatenablog.com

わざわざ吉祥寺から3時間もかけて何をしに行ったかというと、

 ”久しぶりに金谷の空気を吸いたかった"からです。

 

ライカM6で金谷を撮ってきました。

 

f:id:tomo-camera:20170410024225j:plain

4月6日、天気がとても良かったのでライカM6を片手に金谷を散歩してみた。

前回ここを訪れたのは真冬だった。いつの間にか春になってしまった。

 

僕がこの地で濃密な1ヶ月を過ごしてから7ヶ月も経っている。

f:id:tomo-camera:20170410024452j:plain

 

まるもも、僕が過ごした頃とは変わっていた。

f:id:tomo-camera:20170410024520j:plain

まるもにいる人たちの空気が違うのかもしれないし、単純に季節が変わったからかもしれない。

 

f:id:tomo-camera:20170410024655j:plain

何も変わっていないように見えて、7ヶ月という時間は確実に流れていて、

1人だけ前に進んで居ない気がして寂しくなった。

 

僕にとって金谷は、たくさんの感情が通り過ぎていった場所だ。

f:id:tomo-camera:20170410024708j:plain

はじめて金谷に来た日、僕は本当に崖っぷちだった。

社会に馴染めず、生きるか死ぬかの状況だった。

 

この場所で、どうにか人生をやり直したいと願っていた。

f:id:tomo-camera:20170410024726j:plain

f:id:tomo-camera:20170410024736j:plain

去年、金谷で暮らした1ヶ月は

悔しさも悲しみも喜びも幸せも、たくさん味わせてくれた。

 

ひとりで寂しい時、前へ進むエネルギーが欲しい時、僕は金谷に帰る。

あの頃とはまるもにいる顔ぶれも、互いが置かれている環境もぜんぜんちがうけど。

f:id:tomo-camera:20170410024806j:plain

それでも金谷と、まるもの空気を吸うだけで良い。

f:id:tomo-camera:20170410024825j:plain

あの頃の金谷はもうない。

自分を変える為に訪れた街で、あの頃のままであって欲しいと金谷に願う。

 

本当はいろいろ寂しいんだ。

f:id:tomo-camera:20170410024841j:plain

金谷は思い出がありすぎる。