ともカメラ!!

ウルトラマンと写真が大好きなアラサーです。写真を撮ったり、フィルムをスキャンしたものを載せてるブログです。

これが中判カメラの空気感!マミヤRB67ProSで撮った写真を見てみよう!

f:id:tomo-camera:20170420103047j:plain

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです!

1週間前に買った中判カメラ。

撮影した写真がようやく公開できそうです!

 

僕が使ってるカメラ、"マミヤRB67ProS"についてはこちらの記事を見てください。

tomo-camera.hatenablog.com

そもそも、中判カメラってなに?

聞き慣れない人もいると思いますが、

ザックリいうと昔のプロがスタジオで使っていたカメラです。

プロユースを想定しているので、機械の作りがしっかりしていて、圧倒的な画質の写真が撮れるんですね。

 

フィルムサイズも一般的な35mmよりずっと大きい、120mmのものを使います。

わかりやすいのが下の画像。

オレンジ黄色の面積の違いを見てください。

f:id:tomo-camera:20170420103822p:plain

引用URL:http://camerafan.jp/dat/blog/7/1327840468944.jpg

中判カメラのフィルムの大きさ、なんとなくわかってもらえたでしょうか。

デジタル一眼レフの「フルサイズ」とは、上の写真の35mm判のことです。

実はフルサイズ一眼レフよりも、中判カメラの方がフィルム(センサーサイズ)が大きいんですよ。

 

えっと、フィルムサイズが大きいと、なにが変わるの?

大きくプリントした時の滑らかさがぜんぜん違うんだ。

あと、フィルムが光を受け止める範囲も広くなるから空気を閉じ込めたような透明感が生まれるよ。

へぇー。なんかすごそう。

 

まぁ、ゴチャゴチャいうよりも写真を見ていこうか。

 

はじめての中判カメラ、写真を大公開!

初めて中判カメラで撮った写真がこれ!

f:id:tomo-camera:20170419224605j:plain

おぉー、ちゃんと撮れてるじゃん!

中古で買ったし、不具合が心配だったけど問題なさそう!

デジタルとも35mmとも違う、澄んだ空気感がとてもいいよね。

 

どんどん貼っていきます。

f:id:tomo-camera:20170419225502j:plain

f:id:tomo-camera:20170420112232j:plain

f:id:tomo-camera:20170420112218j:plain

f:id:tomo-camera:20170419230815j:plain

桜も、もうすっかり散っちゃったなぁ。

f:id:tomo-camera:20170420202103j:plain

f:id:tomo-camera:20170419232102j:plain

f:id:tomo-camera:20170419232409j:plain

この桜、綺麗に撮れたなー!

うむ、自分で撮っておきながらとても綺麗。

大きなボケが気持ちいい!

f:id:tomo-camera:20170420111926j:plain

f:id:tomo-camera:20170420112410j:plain

f:id:tomo-camera:20170420111656j:plain

その日の空や雲を写すのが好きなんだよね。 

たしかに、空の写真が多い…(笑)

 

中判カメラってフィルム1本で何枚撮れるの?

f:id:tomo-camera:20170419232948j:plain

この写真の上の陰はなに…?

まだ中判カメラの取り扱いに慣れてないせいで、フィルムを入れる時にミスったっぽい。

工場の人にカットされてしまった。

あれ?

中判カメラのフィルムって、一枚ずつ区切られてるわけじゃないの?

http://illust-hp.com/img/film7.png

引用URL:http://illust-hp.com/img/film7.png

「フィルム」って聞いて多くの人が思い浮かべるのは、おそらくこの形だよね。

そうだね。120mmフィルムを伸ばして見るとこんな感じだよ。

http://livedoor.blogimg.jp/cpiblog00466/imgs/3/3/33c7da6a.jpg

引用URL:http://livedoor.blogimg.jp/cpiblog00466/imgs/3/3/33c7da6a.jpg

あっ、区切りがない!!! 

そう、中判カメラで使うフィルムは「これ1本で24枚撮れますよ」という形式ではありません。

フィルムの長さはどれを使っても同じです。

切り取る写真の大きさで、撮影枚数が決まります。

http://www.activestudio.net/wp/wp-content/uploads/2014/02/120_220_size.jpg

引用URL:http://www.activestudio.net/wp/

決められた長さのフィルムを小さく切り取ればたくさん撮れますし、大きく切り取れば撮れる枚数は少なくなります。

つまり中判カメラは、

どんな形の写真を撮りたいか。

写真の綺麗さと枚数、どちらを優先するか。 

の2点を選択して使うことになります。

さぁマニアックな世界になってきました。

 6×6判であれば、フィルム1本につき12枚撮影できます。

f:id:tomo-camera:20170420092023p:plain

引用URL:https://www.instagram.com/p/BTEeFlLFVQf/?tagged=hasselblad&hl=ja

6×6判の真四角な写真はどこかオシャレで可愛いので、インスタで流行ってますね。 

 

僕のカメラは6×7判といって、フィルム1本で10枚撮影できます。

f:id:tomo-camera:20170420092944j:plain

6×6判よりも広く写るぶん、撮影枚数が少なくなっています。 

僕が好きな写真家、”市橋織江”さんも6×7判マミヤを愛用しています。

もっと大きい6×9判だとフィルム1本で8枚しか撮れません…。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/295/2618711/20140228_1014658.jpg

引用URL:http://img-cdn.jg.jugem.jp/

そのぶん、写真一枚の情報量は凄まじいです。

 

どうですか。

中判カメラ、面白いよね。

 

初めての中判カメラ、どうだった?

f:id:tomo-camera:20170420093656j:plain

とっても満足!!! 

一枚を大切に撮影する感覚、フィルムの質感、腰で構える大きめのファインダーなど、

今まで使ってきた中で、いちばん僕に合ってるカメラだと思います。 

CanonとNikonのデジタル臭さに飽きてFUJIFILMにマウント替えし、父親のライカを使い倒した結果、このまま中判カメラに落ち着きそうです。

 

f:id:tomo-camera:20170420202315j:plain

でも、まだまだカメラに撮らされている感覚ですね。

自分の手足のように扱えないと駄目です。

 

もっともっと澄んだ、透明感のある写真を撮るために精進します。

中判カメラを使ったポートレートも撮影したので、近いうちに公開できればいいな。

 

今回はフジのリバーサルフィルム、PROVIA 100Fを使いました。

「中判カメラ気になってきた!」という方には『中判カメラの教科書』がおすすめです。 

どんな中判カメラが存在するのかフィルムによってどんな違いが生まれるのかをとてもわかり易く説明してくれてます。

中判カメラが欲しくなーる、欲しくなーる(笑)

 

ではきょうはこのへんで!

また明日、ここで会いましょう。

ともひろ

 

▼関連記事はこちらから!▼

tomo-camera.hatenablog.com

tomo-camera.hatenablog.com

広告を非表示にする