ともカメラ!~引きこもりがカメラを趣味にしてから~

家の中が大好きな引きこもりが、カメラを持ってからの記録。

渋谷に響け!Apollogicのライブ in バスを撮影しました!

f:id:tomo-camera:20170427114130j:plain

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです!

4月23日に渋谷〜原宿間で行われた、Apollogicのライブを撮ってきました。

 

今回のライブ、舞台はなんとバスの車内です。

f:id:tomo-camera:20170427005930j:plain

クレイジーでレアなライブを撮影できたので、レポートしていきます。

 

今回の舞台は、ライブバス!

f:id:tomo-camera:20170427005346j:plain

いっけん何の変哲もないこちらのバスですが、「走るライブハウス」と呼ぶべき乗り物です。

株式会社フレッサという会社が打ち出す新しいライブの形で「ライブバス」といいます。

f:id:tomo-camera:20170428193010j:plain

その名の通りバスの中でライブをして、その音を外にも爆音で流しちゃいます。

日曜日のいちばん人が多い時間帯に、渋谷から原宿を生ライブして回ってきました。

 

当日の模様

バスの中でリハーサル

f:id:tomo-camera:20170427005214j:plain

いつもの戦場、ライブハウスとはすこし違う環境に戸惑いつつ、テキパキとセッティングをしていくApollogic。

f:id:tomo-camera:20170427011942j:plain

f:id:tomo-camera:20170427011907j:plain

さっそく音を出してみると、ちゃんと"バンド演奏に耐えうる音"が出ていました。

とてもバスの中とは思えない音響です。

 

f:id:tomo-camera:20170427012330j:plain

f:id:tomo-camera:20170427012328j:plain

f:id:tomo-camera:20170427012527j:plain

一通りの確認を済まし、ライブバス、発進!!

 

ライブ開始!渋谷に響け!Apollogic!

途中でお客さんをピックアップし、前代未聞のバスライブが始まりました。

f:id:tomo-camera:20170427111043j:plain

 

まずはスクランブル交差点で、

f:id:tomo-camera:20170427013348j:plain

f:id:tomo-camera:20170427013210j:plain

「渋谷のみなさんこんにちは〜!Apollogicでーす!!」

 

MEN'S109の前で、

f:id:tomo-camera:20170427013448j:plain

「渋谷のみなさんこんにちは〜!Apollogicでーす!!」

 

まだまだ、タワレコの前で、

f:id:tomo-camera:20170427013550j:plain

「渋谷のみなさんこんにちは〜!Apollogicでーす!!」

 

ハチ公の前で、(略)

f:id:tomo-camera:20170427105010j:plain

 

ビックカメラの前で、、、

f:id:tomo-camera:20170427111122j:plain

 

そして、振り返る人、人、人、、。

f:id:tomo-camera:20170427012807j:plain

うわ、すげぇ。ほんとに外にもぜんぶ聞こえてるっぽい。

道行く人たち全員こっち見る。

 

振り向いたらバスの中で本気でライブしてんだもん、そりゃ写真撮るよね。

f:id:tomo-camera:20170427105841j:plain

カメラマンの僕や、車内のお客さんたちが恥ずかしくなるくらい注目されます(笑)

外人さんでカメラを向けない人、いなかったんじゃないかな。

2時間ぶっ続けで、渋谷と原宿の人にアピールし放題。

f:id:tomo-camera:20170427110214j:plain

f:id:tomo-camera:20170427111238j:plain

スクランブル交差点のど真ん中でギターソロを弾けるのはライブバスだけ!

 

ライブバスのプロモーション規模、ハンパじゃない。

ライブハウス→数十人 ライブバス→:数千人〜数万人?

f:id:tomo-camera:20170427110258j:plain

インディーズバンドが一回のライブで出会うお客さんは、数十人から数百人。

今回のライブでApollogicが出会ったお客さんは数千人をかるく超えています。

日曜日の夕方、下手すりゃ「万単位」のお客さんを相手にライブをしていました。

f:id:tomo-camera:20170427112854j:plain

つまりライブハウスを飛び越えて、一気に武道館やさいたまスーパーアリーナ規模のお客さんを相手にライブが出来るのがこのライブバスです。

街全体を相手にライブをする機会をもらえるなんて、素晴らしいと思います。f:id:tomo-camera:20170427110024j:plain

ライブハウスとは違うパフォーマンス、魅せ方を考える必要があり、バンドの経験値もかなりアップするハズです。

 

ただ、走行中のバスの中でライブをするのでバンドもお客さんも酔いやすいです。

f:id:tomo-camera:20170427111924j:plain

約2時間、走るバスの中で踏ん張りながら演奏したのでApollogicもしんどそうでした。

進行方向と逆を向いているので、なおさら酔いやすいですしね。

機材の固定と、足場の固定の方法がもう少し確立されればかなり快適なライブ環境になると思いました。

 

とまぁ大変な部分もありましたが、

 

バスの中のライブを撮れて楽しかったし、とてもいい経験ができました!

f:id:tomo-camera:20170427113300j:plain

これからどんどん流行って欲しいですね!

 

Apollogic、お客さん、スタッフのみなさま、お疲れ様でした!!

f:id:tomo-camera:20170427112341j:plain

 

 

ライブバス公式ページはこちら。

まだテスト運行中らしいので、気になる方はぜひ連絡を取ってみて下さい。

live-bus.com

 

では、きょうはここまで!

 

▼関連記事はこちらから!▼ 

tomo-camera.hatenablog.com

tomo-camera.hatenablog.com