ともカメラ!!

ウルトラマンと写真が大好きなアラサーです。写真を撮ったり、フィルムをスキャンしたものを載せてるブログです。

「ともひろくん、あなたはなぜ写真を撮るの?」その答えがボンヤリ見つかった。

f:id:tomo-camera:20170508231558j:plain

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです! 

1週間ほど前に、

Twitterで知り合った長山 和将(@nagayan370528)さんに誘われて、とある映画サークルの月イチの集まりに参加させてもらいました。

役者さんや声優さんの卵、映画プロデューサーまで多くの人が参加していて、大盛況でした。

そこで僕は、こんな質問を投げかけられます。

「ともひろくん、あなたはなぜ写真を撮るの?」

強がってみたけど、答えられなかった。

その質問をしたのは、とても仕事ができそうな女性でした。

なんであなたは写真を撮るの?

写真を撮ってどうなりたいの?

あなたのカメラマンとしての強みってなに?競合に負けないあなただけの強みって、なにかな?

私に教えてくれない?

と矢継ぎ早に質問され、

何だよこの人キャリアウーマンかよ。」と内心笑っていました。

https://pbs.twimg.com/profile_images/790467773491060740/2XH7CCFA.jpg

引用URL:https://pbs.twimg.com/profile_images/

まぁまぁ、色々ありますけど今は良いじゃないすか、そういう話はwww

僕はこれしかできないから撮ってるんですよwww

ふぅん、そう。まぁ、きみもいつか大切なものが、見つかるといいね。 

ハハハ(#^ω^)そっすね。

 

しょうじき、痛いところを突かれているのは気づいていました。

でも、強がって負けを認められなかった僕はすぐに席を移動しました。

 

2時間後、ともひろ帰宅中

あーぁ、なんかすげー意識高い人だったな…w

・・・。

でも確かに、このまま写真を撮って、どうなりたいんだろう…。

帰宅してからしばらく考えましたが、答えは見つかりませんでした。

でも、どこかで「質問されてよかった」と感じていました。

 

答えは唐突に見つかった。

その3日後、僕はいとうかおり (@Ponta7537)さんという舞台役者さんのポートレートを撮らせてもらいました。

この方は美人だし、役者さんだけあって表情の作り方もとても上手でした。

f:id:tomo-camera:20170508223801j:plain

すごいなー!撮っててほんと楽しいです!!

いやいや!わたし、写真撮られるのすごい苦手なんですよ。

え、嘘でしょこんなに美人なのに…。

いや、ほんとに。

でも、こうやって綺麗に撮ってもらえると嬉しいし、自信がつきます。ありがとう!

!!

こんなわずかな会話ですが、僕はひらめきました。

f:id:tomo-camera:20170508233147j:plain

写真が苦手、自分に自信がない。

そんな人って、きっとたくさんいると思います。

そういう人たちの力になれるんじゃないか。

僕が写真を撮ることで、そんな人々が自信を持ち、人生を前に進むきっかけを作れれば、

それは"僕が写真を撮る理由"になるんじゃないか。

と、かっこつけとか、無理やりひねり出したのではなく、ひらめきました。

 

誰かに勇気と自信を持ってもらうため、僕は写真を撮りたい。

 

もしかしたら1ヶ月後には変わっているかもしれません。

でも、いまはこれがあなたはなぜ写真を撮るの?」という問いへの答えです。

 

ともひろを形作ってきたもの

思えば僕の人生は、「勇気を呼び起こしてくれるもの」にずっと助けられてきました。

3歳からいままで、ひたすら大好きなウルトラマン

http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/event1/photos/20110525180858_1.jpg

引用URL:http://www.fukuishimbun.co.jp/

 

アニメソング、そしてJAMProject

https://img.barks.jp/image/review/1000122351/002_w660.jpg

引用URL:https://img.barks.jp/image/review/

 

「自分の人生を生きろ」というエネルギーを発し続けた聖飢魔II

http://www.seikima-ii.com/seikima-ii/photo/23.jpg

引用URL:http://www.seikima-ii.com/seikima-ii/photo/23.jpg

たくさんの「勇気を呼び起こしてくれるもの」のおかげで、今の僕があります。

特に、上の3つが無ければブラック企業に勤めてたあたりで僕は死んでいました。

 

僕も誰かに勇気を出してもらえる存在になりたい。

僕も誰かの人生の手助けをしたい。

 

そう思います。

その手段が今は写真を撮ることなのだと思います。 

f:id:tomo-camera:20170508223655j:plain

だから、今日も明日も写真を撮ります。

なにがどうなるかは、いまはわからないけど。

 

僕に映画サークルで質問してくれたまなみさんに、今はとても感謝しています。

 

では、きょうはここまででーす!

 

▼関連記事はこちらから!▼

tomo-camera.hatenablog.com

tomo-camera.hatenablog.com

 

広告を非表示にする