ともカメラ!!

フィルムで撮った写真を載せてばかりのブログです。

モノクロ写真の綺麗さを伝えたい!中判カメラとモノクロフィルムで撮る、吉祥寺と井の頭公園

f:id:tomo-camera:20170513004633j:plain

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです!

 

渋谷Bunkamuraミュージアムで開かれている、ソール・ライター展に友人と行ってきました。

f:id:tomo-camera:20170512233628p:plain

引用URL:http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_saulleiter/

色んな所で宣伝してるよね。どうだった?

ファッションと街中スナップが中心に展示されていたんだけど、とにかく被写体を見つける視点がユニークで面白かった!

あと、ソールライター氏自身が画家ということもあって、絵画っぽい写真が多かったね。

http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1509/0925/seulliter/extra/news_xlarge_Canopy1958.jpg

引用URL:http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/

この写真とかね。すごい不均衡で思わず目が引きつけられる。

 

あとなにより、印刷されたモノクロ写真の綺麗さに目を奪われたよ。ここに載せることはできないけど。 

http://www.museum.or.jp/uploads/photos0/x10054.jpg.pagespeed.ic.mQ4RNMLtZt.jpg

引用URL:http://www.museum.or.jp/uploads/photos0/

途中から日本の印刷技術の高さにばかり目が行ってた笑

見方としてはちょっとずれてるけど、何かを得られたのなら良かったじゃない。

モノクロ写真の綺麗さに心奪われたので、今日は中判カメラで撮ったモノクロ写真を載せてみようと思うよ。

数は少ないですが、中判モノクロ写真の綺麗さが伝わるとうれしいです。

 

モノクロ写真で見る吉祥寺と井の頭公園

f:id:tomo-camera:20170513000258j:plain

自宅のベランダからの一枚。どうしてもカラーの時のクセで明るく撮ってしまうんだよね。

モノクロで撮るときは、色よりもコントラストを見ないといけないからね。

まだ慣れてないね。

 

f:id:tomo-camera:20170513000716j:plain

電線や電柱の、絡み合う線が好きなのでこういう景色を撮るのが楽しい!

カラーだと「だから何?」ってなりがちな被写体は、モノクロで撮ると良いかもね。

色に左右されず、自分の撮りたいものを素直に撮れるのは、モノクロのいいところだと思う。

 

f:id:tomo-camera:20170513000932j:plain

吉祥寺のでっかいユニクロ。これも露出がオーバー気味だよね。

もうちょっと黒と白の差がハッキリしてるとかっこいいんだけどなー。

 

f:id:tomo-camera:20170513001031j:plain

ところ変わって井の頭公園。

ここは、カラーだと色鮮やかな場所だけど、モノクロで撮るとガラッと雰囲気が変わるね。

f:id:tomo-camera:20170513001432j:plain

本来は、葉っぱの緑井の頭弁財天の赤が美しい場所だよね。

 

次の写真にいってみよう。

f:id:tomo-camera:20170513001658j:plain

目の前に木が存在するような存在感、これが中判ですよ。

これも、木の表面のゴツゴツ感がモノクロに向いているよね。

カラー写真だと、地味な写真になってると思う。モノクロにすることで木が持つ迫力や力強さがダイレクトに伝わってくるのが好きだな。

次の写真、カモン

ほい、これでラストだよ。

f:id:tomo-camera:20170513001959j:plain

なにこれ。

井の頭公園の池を撮ったけど、コントラストをハッキリ付けようとしたら失敗したやつ。

アンダーで撮りすぎたね。まだまだモノクロフィルムを使いこなしてませんなー。

もっと撮るよ!!もっと!!

 

終わりに:モノクロ写真は気楽で、難しくて、奥が深い。

てなわけで今回のモノクロ写真、いかがだったでしょうか。

 モノクロ写真は

・光と影のコントラスト

・物のかたち、質感

 のみで表現されるものなので、色を考える必要がありません。

なので「カラーだと地味な被写体」も被写体になり得るという気楽さがあります。

f:id:tomo-camera:20170513002922j:plain

ちょっと色が地味な景色も…

f:id:tomo-camera:20170513002958j:plain

モノクロにすることで、違った表情になります。

この写真はデジタルで撮った写真なので、後から修正ができます。

ただ、フィルムで撮る場合、

「どこに、どのくらいのコントラストを付けて撮影するか」は常に一発勝負です。

ですから、モノクロで撮ると、カラー以上に光を読む力が養われます。

モノクロで撮る人が、写真が上手くなりやすいのはこのためです。 

 

ためしに、コントラストの強弱でどれくらい差が出るか見てみましょう。

まずはコントラストを下げた状態。つまり明暗の差をなくした写真です。

f:id:tomo-camera:20170513003535j:plain

次に、コントラストを大袈裟に付けた写真。

つまり、明暗の差が大きい写真です。

f:id:tomo-camera:20170513003636j:plain

ガラッと写真の雰囲気が変わりますよね。

 

巨匠・森山大道さんの代表作「三沢の犬」は、高コントラストで野良犬の風貌や毛のザラつきを表現しています。

この迫力…。

http://www.cinra.net/uploads/img/news/2016/20160527-moriyamaaraki04.jpg

引用URL:http://www.cinra.net/uploads/img/news/

コントラストの差はフィルムの違いだったり、カメラのセッティングの差だったり現像時の差だったりしますが、

「モノクロで上手く撮れる人は、ちゃんと写真が上手い人」です。

 

僕はまだまだモノクロで上手く撮れません。

f:id:tomo-camera:20170513004030j:plain

 

僕が好きな、ふんわりとした雰囲気の写真はモノクロでは面白くないんですよね。

f:id:tomo-camera:20170513004135j:plain

うーん、難しい。

 

もっと、白と黒だけで魅せられるような写真を撮りたいですね。

これからも頑張ります!

では、今日はこのへんで!

 

今回中判カメラで使ったフィルムはこちら。

 ▼関連記事はこちらから!▼

tomo-camera.hatenablog.com

tomo-camera.hatenablog.com