ともカメラ!!

ウルトラマンと写真が大好きなアラサーです。写真を撮ったり、フィルムをスキャンしたものを載せてるブログです。

X-T2を自分好みに設定しよう!Fnボタンのカスタマイズを公開するよ。

f:id:tomo-camera:20170523000325j:plain

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです!

この2日間は忙しかったこともあって、ブログの更新がおろそかになってしまった…!

こんなことつぶやいた次の日に更新が途絶えるってどうなの。

ま、まままぁその分、ブログに載せる写真のストックが増えたから良いじゃない。

 

きょうは、僕のX-T2のファンクション(以下:Fn)ボタンのカスタマイズを解説してみます。

f:id:tomo-camera:20170522234155j:plain

たぶん、初期設定のX-T2よりも操作がしやすくなると思うので参考になったら幸いです。

そもそもFnボタンのカスタマイズってなんのこと?

f:id:tomo-camera:20170522220917j:plain

X-T2は合計で8個のボタンに「自分の好みの役割」を割り当てることができます。

設定の仕方は、

メニュー開いて、「セットアップ」→「操作ボタン・ダイヤル設定」

f:id:tomo-camera:20170522221717j:plain

「Fn/AE-L/AF-Lボタン設定」を選んでください。

f:id:tomo-camera:20170522221807j:plain

X-T2の初期設定ボタン配置は使いづらかったのですぐに変更しました。

 

じゃあ一個ずつ見てみましょう。

 

ともひろの X-T2 Fnカスタマイズはこんな感じ。

Fn-1 顔検出/瞳AF設定

f:id:tomo-camera:20170522222526j:plain

カメラ上部にあるFn-1ボタンには「顔検出と瞳AF」を設定しています。

これは、ポートレート撮影に重宝する機能です。

f:id:tomo-camera:20170522223406j:plain

"瞳AF"は右目か左目、設定した方の目に自動でピントを合わせてくれます。

…と、とても便利なのですが、ほとんど使っていません。

 理由は3つ。

1. 距離によって顔検出の精度が曖昧。

2. 瞳AFが、予期せぬ場所に作動する時がある。

3. 動作が重くなるので、切っておいたほうが安心。

カメラの動作やピントの位置を、"機械に任せるのが嫌い"なので切っています。

ただ、活用すればポートレートで便利だろうなとは思います。 

 

Fn-2 フィルムシュミレーション

f:id:tomo-camera:20170522223822j:plain

ぶっちゃけ、きょうの記事で1番言いたいのはここです。

フィルムシュミレーションは絶対Fn-2ボタンに設定するのがおすすめです。

理由は、

フィルムシュミレーションは最も使う機能の一つであり、カメラを構えた姿勢を変えずに設定できるため

です。

f:id:tomo-camera:20170522224950j:plain

カメラを構えたまま、中指を動かすだけでフィルムシュミレーションを変更できます。

f:id:tomo-camera:20170522234931j:plain

僕はライブ撮影中も頻繁にフィルムシュミレーションを変更して、色を調節しています。

とっても便利ですよ。

 

Fn-3 AFモード切り替え

f:id:tomo-camera:20170522225525j:plain

これもあまり使ってない機能です。

 

動きの激しい被写体は、AFモードを「ワイド/トラッキング」にしておけばピントが被写体を追従してくれます。

f:id:tomo-camera:20170522225711j:plain

これもまた、ピントをカメラに任せるのが嫌いという理由で使っていません。

基本的に「シングルポイント」から変更しません。

f:id:tomo-camera:20170522225712j:plain

「ゾーン」を使わないのはなんで?

f:id:tomo-camera:20170522225956j:plain

ゾーンは、AF範囲が広すぎて信用できない。使いづらい。

f:id:tomo-camera:20170522230149j:plain

どんだけカメラ信用してないんだよ。

「ゾーン」だと、手前にものを置きたい時に不便なんだよね。

f:id:tomo-camera:20170522230406j:plain

こういう写真を撮りたい時、お客さんの手にピントが合ってしまうことがあるから"範囲の広いAF"は使いません。

 

Fn-4 グレインエフェクト

f:id:tomo-camera:20170522230601j:plain

フィルムの様なノイズを追加できるグレインエフェクトは、十字キー左ボタンに設定しています。

ノイズは、後からLightroomやPhotoshopで追加することが多いです

グレインエフェクトはほとんど使っていません。 

 

Fn-5 AF-Cカスタム設定

f:id:tomo-camera:20170522230943j:plain

これは、「被写体によってAF性能を切り替えられる」機能です。

X-T2の売りの一つでもありますね。

f:id:tomo-camera:20170522231237j:plain

でも、これもヘタに弄ると、AFに変なクセが付くから初期設定のままほとんど触ってません…。

使ってないボタン多いね…。

 

Fn-6 ホワイトバランス

f:id:tomo-camera:20170522231556j:plain

フィルムシュミレーションによりも変更する機会が多い、ホワイトバランスです。

十字キー下に設定しているのには、理由があります。

それは、ホワイトバランス設定が"画面下に向かって開かれるため"です。

f:id:tomo-camera:20170522231814j:plain

十字キー下にボタンを割り当てておけば、そのままポチポチと変更できます。

この設定にしている人は多いのではないでしょうか?

 

AE-L 親指AF

f:id:tomo-camera:20170522232039j:plain

ライブなど、動きモノの撮影時には欠かせない、親指AFです。

NikonやCanonの一眼レフと比べると押し心地が頼りないですが、慣れました。

 

AF-L 電子/メカニカルシャッター切り替え

f:id:tomo-camera:20170522232749j:plain

X-T2は、メカニカルシャッター電子シャッターを切り替えることができます。

何のために切り替えるのかというと、「シャッター音を消すため」です。

f:id:tomo-camera:20170522233034j:plain

一眼レフの「カシャン!!」というシャッター音がはばかられる時は電子シャッターがとてもありがたいです。

みんなくれぐれも"盗撮"には使うんじゃないぞ。ふつうに逮捕されるからな。

 

ふーーー、かなり長くなっちゃったけどこれで以上ですね。

おつきあい頂き、ありがとうございました。

 

終わりに:まだまだカスタマイズは発展途上

f:id:tomo-camera:20170522233313j:plain

こうやって振り返ると、もっと突き詰めることができそうだね。

そうだね。使ってないボタンがおもったよりも多かった笑

もっと使いやすいボタン配置が見つかるかもしれないし、逆に「私はこういう設定です」って人がいたらぜひコメントでも、はてブでも良いので教えてください。

では、今日はここまで!

また明日更新します!! 

 

▼関連記事はこちらから!▼ 

www.tomo-camera.com

www.tomo-camera.com

広告を非表示にする