ともカメラ!!

ウルトラマンと写真が大好きなアラサーです。写真を撮ったり、フィルムをスキャンしたものを載せてるブログです。

広角レンズは女子に嫌われる?!「 ポートレートに適したレンズ」を理解しよう。

f:id:tomo-camera:20170604001856j:plain

突然のどアップで失礼します。

f:id:tomo-camera:20170603215740j:plain

東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです。

なにこいつ。

さいきん「撮られる機会」が増えてるからね、どんどん顔出ししていかないとな。

だからってこの写真はどうなの…。 

きょうの記事で重要な事を先に言っておく。

えっ

広角レンズで女性の顔のアップを撮るな。

は…?

 

…さてさて、今日は「ポートレートにおける、レンズ選択の重要性」の話です。

 

焦点距離"85mm~100mm前後"が、ポートレートに適している理由を話そう

先日、写真学校で面白い授業がありました。

内容は、

・ズームレンズの、最も広角域で撮った写真と、

最もズームして撮った写真から感じる印象の違いを理解しよう

というもの。

どういうことか簡単に図にすると、こうです。

f:id:tomo-camera:20170603223540j:plain

広角と望遠、どういう違いが出るのか?

さっそく見ていきましょう。

 

"広角"で人を撮るとこうなる。 

f:id:tomo-camera:20170603223221j:plain

Photo by:Asami

あれ、こんなに鼻でかかったっけ。

ズーム(85mm前後)で人を撮るとこうなる。

f:id:tomo-camera:20170603223712j:plain

Photo by:Asami

あっ、戻った。

おわかりいただけただろうか…。

モデルの立ち位置は変わっていないのに、

鼻のでかさ、顔の輪郭、さらには髪型まで変わっています。 

f:id:tomo-camera:20170604000426j:plain

このような差が生まれる理由は、「焦点距離によるレンズ特性の違い」のためです。

広角レンズと中望遠レンズ、1個ずつ見ていきましょう。

 

広角レンズの特徴

広角レンズには2つの特徴があります。

・1つめの特徴は「広く撮れること

・2つめの特徴は「被写体の遠近感を強調すること」 

f:id:tomo-camera:20170604000831j:plain

Photo by:haruno☺︎(@wbh_0411)

この写真の場合、僕の手とレンズの位置は触れそうなほど近いです。 

広角レンズで人のアップを撮ると遠近感が強調され顔が膨らんで写ります。

女の人のポートレートを撮る時、広角レンズで顔のアップを撮ってはいけない理由がここにあります。

現実の自分よりも、顔を大きく撮られてよろこぶ女の人はいません。

 

中望遠レンズの特徴

逆に、85mm~100mmの中望遠レンズは「ポートレートレンズ」と呼ばれ、

その名の通りポートレートで多用されています。

僕もNIKKOR 85mmf/1.8Gをよく使っていました。

f:id:tomo-camera:20170603225347j:plain

中望遠〜望遠レンズの特性は、広角レンズの逆になります。

・1つめの特徴は「遠くのものが写せること」

・2つめの特徴は「被写体の遠近感をなくすこと」 

今日は2つめの特徴、「被写体の遠近感をなくすこと」 について説明していきます。

 

望遠レンズには、「圧縮効果」と呼ばれる特徴があります。

これは、被写体と背景の"遠近感が弱く感じられる"効果です。

ちょっとわかりづらいので、望遠レンズで撮った写真を見てみましょう。

f:id:tomo-camera:20170603230326j:plain

モデル:こうめ。(@koume_am)さん

この写真は、焦点距離200mmの望遠域で撮影しています。

背景の桜が近くにあるように感じられますが、こうめさんと桜までの距離は約20mあります。 

このように、背景の遠近感が無くなって見えるのが「圧縮効果」です。

圧縮効果についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

長くなってきましたが、

つまり望遠レンズには「遠近感を薄くする特徴」があるわけです。

f:id:tomo-camera:20170603223712j:plain

Photo by:Asami

広角域で撮った写真と比べて、この僕がシュッとして見えるのは、

「中望遠で撮影し、顔の遠近感が薄くなったため」なんですね。

 

だから、女の人を撮る時は望遠レンズを使ってあげると喜ばれますよ。

顔がシュッとして見えますから。

現実の自分よりも、顔を細く撮られてよろこばない女の人はいません。

 

ふふふ…。いつか600mmのレンズでポートレートを撮ってやる…。

f:id:tomo-camera:20170603232806j:plain

なんかカメラマンって怖いわー…。

 

きょうのまとめ

女の人を綺麗に撮りたかったら、望遠気味のレンズで撮ってみよう。

f:id:tomo-camera:20170603234213j:plain

僕は女性のポートレートを撮る時、換算75mmの単焦点レンズをメインに使っています。

これは、モデルさんが肉眼よりもすこしズームされて見える焦点距離です。

f:id:tomo-camera:20170603233553j:plain

さらに、モデルさんと適度な距離感を保てるレンズでもあります。

・カメラマンの声はちゃんと聞こえる。

・でも、近すぎて不快になるほどではない 。

そんな距離を保てるのが、中望遠のポートレートレンズなんですね。

しっかりモデルさんとの距離を保ってあげることで、良い表情を引き出しやすくなると思います。

f:id:tomo-camera:20170604003750j:plain

モデル:西みき(@nishimiki1003)さん

すこし長くなってしまいましたが、

「広角レンズで女性の顔を撮ると、喜ばれない可能性が高い。」

ってことだけ頭の片隅にあると、役に立つことがあると思います。

僕はこの授業の次の日に、とても狭い場所で女性の宣材写真を撮る機会があり、非常に助けられました。

 

大事なことなのでもう一度、

「広角レンズで女性の顔を撮ると、喜ばれない可能性が高い。」

覚えましたね?

女の人はすこしズームで撮ってあげるんですよ!!  

ポートレートレンズは、CanonもNikonもラインナップが豊富です。

10万以下で手に入るf/1.8のレンズのおすすめはこちら。

ではでは、今日はここまでです!

 

▼関連記事はこちらから!▼ 

www.tomo-camera.com

www.tomo-camera.com

広告を非表示にする