ともカメラ!!

フィルムで撮った写真を載せてばかりのブログです。

はじめてのライカM3!KODAK BW400CNで撮る東京

f:id:tomo-camera:20170706143730j:plain

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです!

 

はじめてライカM3で撮ったフィルムが返ってきたので、さっそくスキャンしてみました!

あれ、ライカM3なんて持ってたっけ?

父親の防湿庫のなかに眠ってた。

f:id:tomo-camera:20170706132038j:plain

でたよ贅沢なパターン…。

「ライカM3貸してー」って父親に言ったら「M3ってなに…?」っていわれたからな。

なんという持ち腐れ…。

ってことで、M3をもらいました。さっそく撮影した写真を見ていきましょう!

おまえ、永久に借りるつもりだろ…。

 

その前に…ライカM3ってどんなカメラ?

f:id:tomo-camera:20170706142405j:plain

ライカM3とは、いまから約60年前の1954年に販売され、

未だに「ライカM3を超えるカメラは無い」といわれる、完成度の高いカメラです。

日本のメーカー各社は、ライカM3の完成度が高すぎたためにレンジファインダーカメラの製造を諦めるほどだったとか。

現代では再現不可能といわれるほど、明るく見やすいファインダー、

・ひんやりとした金属のボディから感じる工芸品としての完成度の高さ、

・見ていて飽きることのないデザイン

などなど、僕の拙い文章では書ききれない魅力があるカメラなのです。

https://pbs.twimg.com/media/CbEx2TkUUAEeuIC.jpg

引用URL:https://pbs.twimg.com/media/CbEx2TkUUAEeuIC.jpg

ちびまる子ちゃんで、

たまちゃんのお父さんが「たまえ〜、たまえ〜」といいながら構えているのもライカM3です。

ライカM4という説もあり。

 

デジタルカメラになっても、ライカのカメラは見た目にほとんど変更がありません。

どんな時代にもスッと溶け込み、古臭くならない素晴らしいデザインをしています。

 

https://s.eximg.jp/expub/feed/Excite_ism/2012/E1349405662074/E1349405662074_1.jpg

引用URL:https://s.eximg.jp/expub/feed/Excite_ism/ 

f:id:tomo-camera:20170706131511j:plain

 

ライカM3に話を戻します。

f:id:tomo-camera:20170706132841j:plain

父が防湿庫に眠らせていたこのM3のシリアルナンバーは「842 203

こちらのサイトにて製造年を調べてみたら、1956年製。

本当に60年以上前のカメラでした。

f:id:tomo-camera:20170706132933j:plain

でもさすが防湿庫に眠らせていただけあって、傷も汚れも、ファインダー内にチリひとつありません。動作も問題なし。

めちゃくちゃ綺麗なM3です。

これ、中古カメラ屋で買ったら20万~30万くらいしそう。

まさかこんな綺麗なM3が家にあるとは…。

 

ってことで、60年前のカメラで撮った写真を見ていきましょう!

 

ライカM3×KODAK BW400CNで撮る東京

銀座編

まずは、銀座で撮った写真から。

f:id:tomo-camera:20170706133656j:plain

f:id:tomo-camera:20170706133809j:plain

f:id:tomo-camera:20170706133834j:plain

いつも使ってる、ILFORDのモノクロフィルムじゃないんだね。コントラストが淡いのかな・・・?

うん、何年も前に父親が装填して、そのままのフィルムが入ってたからね。

今回使ってるのは、コダックBW400CNというモノクロフィルム。

https://petapixel.com/assets/uploads/2014/08/Kodak-BW400CN.jpg

引用URL:https://petapixel.com/assets/uploads/2014/08/Kodak-BW400CN.jpg

数年前に販売が終了してしまったモノクロフィルムみたいですね…。

貴重なフィルムで撮ってるんだなぁ…。

 

f:id:tomo-camera:20170706134600j:plain

侍Tシャツを来た外国人さんを撮らせてもらいました。

60年前のカメラで撮ったとは思えないね。とっても綺麗。

 

f:id:tomo-camera:20170706134732j:plain

友人の家で、僕も撮ってもらいました。ちょっとブレてるけどいい感じ。

 

井の頭公園編

ここからは、近所の井の頭公園で撮った写真たちです。

f:id:tomo-camera:20170706134929j:plain

f:id:tomo-camera:20170706134955j:plain

f:id:tomo-camera:20170706135047j:plain

f:id:tomo-camera:20170706135034j:plain

f:id:tomo-camera:20170706135156j:plain

f:id:tomo-camera:20170706135110j:plain

公園は、陰影がつきやすいからモノクロ写真が映えるよね。

 

先日、ポートレートを撮ってもらった時の、みずしまともこ キノコ(@kinoco_photo)先輩。

f:id:tomo-camera:20170706135220j:plain

Nikonがかっこいいわぁ。

 

浅草編

ここからは、また場所を移動して浅草です。

f:id:tomo-camera:20170706135411j:plain

f:id:tomo-camera:20170706135426j:plain

ライカM3の練習として「浅草っぽい」写真を撮ってみました。

f:id:tomo-camera:20170706135532j:plain

同じような場所の写真でも、フィルムが変わると質感もガラッと変わるね。

(↓ ライカM6×ILFORD XP2で撮った写真 ↓)

f:id:tomo-camera:20170706135701j:plain

f:id:tomo-camera:20170706135805j:plain

(↑ ライカM6×ILFORD XP2で撮った写真 ↑)

フィルムを変えるってことは、デジタルカメラでいうイメージセンサーをゴソッと変えることとおなじだからね。だからフィルム選びはおもしろい。

 

終わりに:ライカM3のシャッタースピードは独特で慣れない。

f:id:tomo-camera:20170706140013j:plain

いかがだったでしょうか。

拙い文章ですが、ライカM3で撮った初めてのフィルムを紹介してみました。

ライカM3の使用感としては、

「シャッタースピードの並びが独特で慣れない!」

という一言に尽きます(笑)

f:id:tomo-camera:20170706140224j:plain

普段からフィルムカメラを使ってる人なら、この数字の並びに違和感を覚えるはずです。

そう、シャッタースピード1/125秒が無いのです。

なので、1/100秒で撮るときは、意識的に半段絞って露出を整える必要があります。

そこがライカM6との違いですね。

 

60年前のカメラですからシャッタースピードだけでなく、

・露出計はついてない

・連写はできない

・フレーミングも曖昧

・撮った写真はその場で確認できない

と、いまのデジタルカメラ全盛期に「使う意味無いんじゃない…?」と思われそうなカメラです。

がしかし、上に挙げた不自由さゆえに「一枚一枚、大事に撮影する楽しさ」があります。

あと、使ってると誰もが「ライカは良い」と口を揃えて言う理由がよくわかります。

 

とまぁ、長くなってきたのでこの辺で!

きょうはここまで!!疲れた!

 

tomo-camera.hatenablog.com

tomo-camera.hatenablog.com