ともカメラ!!

ウルトラマンと写真が大好きなアラサーです。写真を撮ったり、フィルムをスキャンしたものを載せてるブログです。

"小学生の頃の僕"でも解決できる問題から目を背けるのは、もうやめた!

f:id:tomo-camera:20170722024240j:plain

こんにちは!東京都吉祥寺のカメラマン、ともひろです!

きのうは、家でこの写真を撮っていました。

f:id:tomo-camera:20170722022105j:plain

これは、とある場所に提出するために、はじめて作った僕の「作品」です。

「自分のため」ではなく、「誰かのため」に撮った「作品」です。

 

僕はいつからか、人前で「意見」を行ったり、「作品」を発表することが怖くなりました。

「本気で勝負」したり、「人に評価されること」が嫌いになりました。

 

だって、勝てないから。

 

自分の能力が"順位"という形になってハッキリしてしまうから。

・失敗するんじゃないか・・・

・馬鹿にされるんじゃないか・・・

・自分の無能さをさらけ出すだけじゃないか…

・下から数えた方が早い順位になるんじゃないか…

そうしてなんでも、一歩を踏み出す前に諦めるクセがついてしまいました。

でもそんな自分がダサくて、惨めで、直視できなかった。

 

今回、作品撮りをする必要があったので、

「どういう作品にしようかなー」と考えている中で、ふと思いました。

 

「いま、僕が悩んでることって、小学生の頃の僕でも解決できる問題ばかりじゃないか?」って。

 

たぶん小学生の頃の、怖いもの知らずな僕だったら、

勢いでクリアする問題にビビって、尻込みして、逃げようとしてるのが今の僕なんだなって。

 

だから、いまの僕が本気で行動したら簡単にクリアできることはとても多いってことに気付きました。

だって、ほとんどのことは小学生の頃の僕でもクリアできることなんだから。

 

いつからこんなにビビりになっちゃったんだかな…。

 

いまはこうして作品作りをさせてくれるチャンスをくれたユキガオ(@yukigao_22)さんに感謝しています。

ありがとうございます。

 

逃げずに一歩を踏み出して、本当に良かった!