読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともカメラ!~引きこもりがカメラを趣味にしてから~

家の中が大好きな引きこもりが、カメラを持ってからの記録。

”蝋人形の館”しか知らない人が、絶対に聴くべき”聖飢魔II”のおすすめ曲10選!

 

こんにちは、悪魔の魅力に取りつかれて早10年。

ともひろ(@tomofiro1210)です。

 

早速ですがみなさん、

 

聖飢魔II(せいきまつ)”という宗教団体バンドはご存じですか?  

 

f:id:tomofiro1210:20160912120612j:plain

 

”知ってる知ってる!超知ってる!!”

という信心深い人間に、ぼくはまだ3人程度しか会ったことがありません。少ない。

 

この偉大な悪魔たちを知らない人のために、

簡単に公式ホームページのプロフィール文をすこしだけ引用してみましょう。

 

聖飢魔II。悪魔の集団。 

悪魔教の布教のためにハードロック(HR)バンドの様式を用いて魔暦前14(‘85)年9月地球デビュー。 

「実活動時代」には25銘柄の小教典(シングル)、17銘柄の大教典(アルバム)、14銘柄の活動絵巻教典(ビデオ)を発布。 

黒ミサ(コンサートのような形式で行われる集会)では、そのエンターテインメント性を規格外に発揮、老若男女や民族を問わず、信者(ファンのようなもの)を解散後の現在も増やし続けている。 

 

なるほど、、、。

魔界の言い回しが多くてよくわからないのではないでしょうか。

 

この記事は、世の中の不信心な諸君らのために

我輩ともひろが、

聖飢魔IIの魅力を語れるだけ語って信者を増やそうともくろむ記事である。

 

聖飢魔IIとはなんぞや

 

さてさて。

 

 

ではまず、聖飢魔IIというバンドが世間的にどういうイメージで見られているか

一言で説明しようではないか。 

 

 

 

蝋人形の館

 

以上。マジで。

 

 

去年2015年がデビュー30周年だったとか、

f:id:tomofiro1210:20160912094015p:plain 

実は1999年に解散しているとか、

f:id:tomofiro1210:20160912094043p:plain

実は紅白に出場したことがあるとか、

f:id:tomofiro1210:20160912094405j:plain

デーモン閣下は相撲好きで有名とか、

f:id:tomofiro1210:20160912094507j:plain

 

そんなことは、いまはどうでもよい。

 

 

問題は、地球デビューから30年も経っているバンドなのに、

 

 

未だに蝋人形の館”の1発屋バンドだと思っている人間がたくさん存在することだ!!クソが!! 

 

蝋人形の館”という楔

早稲田大学の軽音サークルから生まれた聖飢魔IIは、

アルバムは1985年9月21日に発売されたデビュー作から数えて34枚、

シングルは1986年4月2日に発売された『蝋人形の館』から数えて28枚の作品をリリースしている。

 

実はアルバムの発表枚数だけで言えば、Mr.Childrenやサザン・オールスターズよりも多くの作品をリリースしているのだ。意外なことに。

  

これらの作品群のなかには、聖飢魔II蝋人形の館のイメージを、

バンド自身が覆すことが出来ず、世に周知されなかった名曲が数多く存在する。

 

そう、聖飢魔IIの魅力は蝋人形の館だけでない。 

 

だが、いかに聖飢魔II蝋人形の館というイメージが強いか知ってほしい。

 

聖飢魔IIが地球で最初に演奏した曲蝋人形の館)と、

解散前、地球で最後に演奏した曲EL.DORADO)では、

 

f:id:tomofiro1210:20160912001007p:plain

 

f:id:tomofiro1210:20160912001202p:plain

 

検索結果に約3倍の差が…。

 

 

聖飢魔IIはテレビに出ても蝋人形。

 

デビュー25周年の時も蝋人形。

引用:URL https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=7njiTX-6EHg

 

地球デビュー30周年の時も蝋人形。

(”地獄の皇太子”という曲とセットだが。非常に珍しい。)

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=uFRhnB4FGUk

 

デビューから30周年を迎えたバンドにも関わらず世間の印象は蝋人形の館のままなのだ

 

聖飢魔IIのメンバーも蝋人形の館のイメージを払拭しようとしていろいろ試みたものの、完全に払拭するにはいたらず…。

 

だが、聖飢魔II系ユーチューバー、"MOTOSHINJA"さんという、8年もYoutube聖飢魔Ⅱの動画を黙々とアップし続けている人のおかげで聖飢魔IIの魔力解散してからどんどん世界中に広まっている。

 

「でも聖飢魔IIって蝋人形の館しか知らないなぁ、何から聞けば良いんだろう…」

 

そんな、なりたて信者のために

ともひろが厳選した聖飢魔Ⅱの名曲10選を発表するのでぜひ聞いてみて欲しい。

聖飢魔IIの音楽性の多様さをこれで知ってくれれば嬉しい。 

 

ライブの超定番曲は意識して除外したので、

聖飢魔IIをよく知る信者諸君をニヤリとさせられる選曲になっていれば幸いである。

 

1.”蝋人形の館”のイメージをくつがえす歌詞が泣ける「空の雫」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=_k-RQK4SwzQ

ともひろが、友人に悪魔の魅力を布教するときに聴かせるのが、

この”空の雫(そらのしずく)”である。

 

聖飢魔Ⅱ=おどろおどろしくてブハハハ笑ってるバンド、という、

けっして間違ってはいない認識をくつがえす爽やかなメロディと、

ギター陣による美しいコーラスのハーモニー。

 

そして、

 

”永遠のドアを開いて夢を探しに出かけよう

通り過ぎた日々を悔やまずに”

 

”何ひとつ分かり合えずに夢を諦められるほど

輝きなくしちゃいないはず”

 

”今だけの空を見上げて何かを掴みとる それだけで生まれ変わる”

 

”もう諦めるな”

 

夢を諦めてしまい、自分を信じることが出来なくなってしまった人

優しく、力強く寄り添う歌詞がこの曲最大の魅力である。

悪魔がこんな歌詞を歌ってんだぜ。泣ける。

 

1999年の解散にむけて聖飢魔IIの楽曲は、デビュー当初のおどろおどろしい路線から脱却し、

爽やかな応援ソングが増えていくんだけど、その中でも珠玉の名曲。

 

自分を信じることが出来なくなってしまったらぜひ聴いて欲しい。

 

2.聖飢魔II、最後のメッセージ「GO AHEAD!」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=ZWULZjuoL4Q

 聖飢魔IIが現役時代(1985年〜1999年)に遺したラストアルバム、

”LIVING LEGEND”のラストを飾ったのがこの曲、”GO AHEAD!”だ。

 

聖飢魔IIが、現役時代最後に発表した曲である。

 

聖飢魔IIはその名の通り、世紀末(1999年12月31日)で解散することが決まっていた。

 

聖飢魔IIが解散した次の日、2000年からは信者(ファン)は聖飢魔IIという支えを失うが、

自らの足で、自らの感性で世の中を生きていかねばならない。

 

だが、聖飢魔IIからの最後のメッセージは、

君たちなら大丈夫、生きていけるという、自分達が長年支えてきた信者への、

強い信頼が込められたものであった。泣ける。

 

乾いたアスファルトの道を孤独と不安を背負い、GO AHEAD!

 

見えない敵はいつもお前の中にいる

 

戦う勇気もまたお前の中にある

 

GO AHEAD!

 

GO AHEAD!

 

ラストアルバム最後の曲にふさわしい演奏時間9分の大作である。

 

3.史上最低のクリスマスソング「悪魔のメリークリスマス 」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=eVhBNi_Qr4Q

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=J6aDETu51b0

紹介が難しい曲である。

青春編と完結編で一つの曲となる。

 

日本における、楽しくて愛が溢れるクリスマスの側面と、

世界各地紛争の原因にクリスマスが関わる側面

 

悪魔という立ち位置から、クリスマスの”負の側面”を歌い上げるデーモン閣下

 

悪魔にしか歌えないクリスマスソングである。

 

ぜひ上の動画、どちらの歌詞にも耳を済まして欲しい。

 この曲を聞いたら、クリスマスを心から楽しむことが出来なくなるかもしれない。

 

4.しせい?せいし? 男なら聞いたことがある都市伝説「赤い玉の伝説」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=TPENZFcrP5c

往生しなっせー!!

ツインギターのハーモニーが美しいイントロに心を奪われるこの曲が謳っているのは、 

 

ひたすらに下ネタである

  

男のいわゆる、子種が打ち止めを迎えると赤い玉が出てくるという都市伝説。

 

あの手この手の言い換えで下ネタに芸術作品の様な荘厳さを持たせ、

間奏の美しいピアノ・ソロ、ギター・ソロが始まる頃には下ネタの歌ということをすっかり忘れ

「そういや下ネタの歌だったわ」と思い出す曲の終盤、デーモン閣下の12秒にも渡る超絶シャウトに全てを押し流されていろいろどうでもよくなるのがこの曲。

 

この頃はバンドも、閣下の歌唱力も脂が乗りに乗っているので勢いがある。

 

5.超絶シャウトが聞きたいならこれ!「ROCK IN THE KINGDOM」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=2j-hkDgJ-Z0

敗北者は死ねえええええええ!!!!

ともひろは閣下のシャウトが聞きたくなると、Youtubeでこの曲を聞くようにしている。

とにかく5分半、ひたすらにずっとシャウトがとんでもなくすごい

ギター・ソロのさらに上の音程をシャウトでハモる閣下を初めて見た時はそこだけ何度リピートしたことか。

 

がなるような濁りのあるシャウト。

聖飢魔II30周年の活動の中でもこの頃(90年~95年頃)のシャウトが1番太く、そして悪魔らしい。

実はこの曲、超初期の曲。

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=F9OuWIFosfw

デビュー直後、1986年に行われたライブと比べると、

いかに閣下のシャウトが進化しているかがわかるだろう。

 

ちなみにともひろは、ある女の子との初デートの際、

カラオケでこの曲を歌ったら大爆笑された経験がある

 

カラオケでは歌わないほうがよい

 

 6.紳士的な態度の裏で…ゲフンゲフン「精神の黒幕〜LIBIDO〜」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=c4ZqSF9x6Og

聖飢魔II初のツインボーカル曲、”精神の黒幕 ~LIBIDO~”。

イントロのギターリフから心を掴まれるこの曲は、

男女の建前と本音を悪魔が皮肉たっぷりに歌い上げる、ライブでも人気の一曲だ。

 

男性諸君、気になる女子と運良く2人きりになれた飲み会の帰り道、

優しいセリフを吐きながらゲスいことを考えた経験、あるだろう

 

なにもしないから。マジですぐ寝るから。先っぽだけでも…

夜道は危ないからね、家まで送るよ^^あわよくばセ◯ックス…)」

 

ちなみにともひろは

トイレ使う?うちのトイレ使う?あわよくばセ◯ックス…

と、ある女の子を家に連れ込もうとしたら玄関前で彼女と鉢合わせした経験があります。

関係ないですけどね

 

女性諸君については特に言及はしないが、

口では嫌がっていても身体は正直じゃねぇか!

っていうあれです。

 

みんな大好き、エロい曲

エース長官の疾走感あるギター・ソロとともに楽しんで頂きたい。

 

7.天国への階段?いえいえ、違います「地獄への階段」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=0xsFxqHEuvE

音楽が好きな方なら、”地獄への階段”という曲名を見ただけで、

Led Zeppelin"天国への階段(Stairway to Heaven)"という曲が思い浮かぶだろう。 

”なんだ、ツェッペリンのパクリか…”と侮るなかれ。

 

イントロのギターと、歌詞は大いにオマージュを効かせているが、

中盤のドラマティックな場面展開から、閣下の美しい口笛によるラストまでを5分というコンパクトな長さにまとめた”地獄への階段”は、パクリ、オマージュと呼ぶには勿体無い完成度を秘めている。

 

ちなみにこの”地獄への階段”、セカンド・アルバムのラストの曲として初めて収録されたが、

曲の途中からボーカルの背後で大勢の人間が荷物をまとめる様なガタガタとした雑音が入り始め

ここでそろそろ時間が無くなってしまった。ここから先はミサで楽しんでくれたまえ!

ではまた会おう!グハハハハハハハハハハ!!!

というセリフとともにぶつ切れで終わる。マジで。

 

個人的に、聖飢魔IIの楽曲の中で最もクールな一曲だと思う。

ぜひ聴いて欲しい。

 

8.歌詞で遊びすぎ!何だこの曲wwww「不思議な第3惑星」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=lbs5NdX_6Oo

一度、ページをスクロールする手を止めてこの曲を聞いて欲しい。

 

じつはこの曲、あるトリックが隠されている

 

ぜひ一度聴いて、気付いて欲しい。

 

 

気付いただろうか?

 

いまからネタバレを書くが、本当に聞いてみた?

 

 

この曲のトリックに本気で笑えるのは、初めて聴くときの1回だけだが、

ちゃんと聞いた??

 

 

 

よし、ではネタバレを書こう

 

 

 

実はこの曲、英語圏の人には英語の歌詞として意味が通じ

われわれ、日本語圏の人には空耳で日本語が聞こえてくるのである。

 

冒頭の

Want some beat?
Want some beat?
Talk at a sheep, shall (the) bull leads to care? 

 

という歌詞は、頭を空っぽにして聞くと 

わさび わさび 唐辛子 しゃぶりつけ 

 

と聞こえてこないだろうか。

 

この曲のハイライトは、

 

どうせヘヴィメタ聞き取れない デタラメ〜〜!!

 

 という空耳が聞こえてくる、2分55秒あたりにある。

 

こんなふざけた曲であろうと、イントロの12秒の超絶シャウトを始め演奏は本気極まりない。

とにかく笑える一曲。

 

人生のうちの3分半を使って聞いておいて損はない。

 

9.メンバー間のすれ違いを歌う「嵐の予感」

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=UXx6nLh5GKc

バンドを経験したことがある人ならわかると思うが、

 

バンドの人間関係は揉める。

 

それは、聖飢魔IIも例外ではない。

 

初期の悪魔を前面に押し出した楽曲が底をつき、バンドの方向性に悩んでいた時期

アルバムを出すがどれも鳴かず飛ばず、やることなすことが全て裏目に出ていた時期 

 

1999年の解散までの道のりは、決して順風満帆なものではなかった。 

解散の話も、メンバー間で何度も出ていたようだ。 

 

だが聖飢魔IIは予定していたとおり世紀末の解散まで走り切った。

メンバー間の不和を歌ったはずのこの曲は、いまや聖飢魔IIの音楽性を語る際になくてはならない存在になっている。

 

この曲のハイライトは、3分10秒から始まる変拍子を含んだ超絶技巧の間奏部分、

そして精緻な音の奔流が美しすぎるツインギターのハーモニーへ収束する5分10秒の部分にある。

しかもこの曲、解散ライブでは聖飢魔IIが歩んできた歴史の映像を流すという

号泣必至の演出がされている。

 

解散まであと数時間、

静かにセンターに立つ閣下は何を思っていたのだろうか。。

 

聖飢魔IIにはこんなに美しい曲もあるのだ。ぜひ知って欲しい。

 

 10.「EL.DORADO」 

引用:URL https://www.youtube.com/watch?v=kNNa_o7btRU

いよいよ今回最後に紹介する曲、”EL.DORADO”である。

 

この曲だけで1記事作れてしまうほど

聖飢魔IIというバンドにとって、ファンにとって重要な曲である

 

1999年12月31日23時59分59秒、聖飢魔IIはこの曲の演奏をもって地球での任務を終了。

魔界へ帰還した。

 

動画の最初、明日から聖飢魔IIという支えを失う信者へ向けて、

構成員から激励の言葉が送られた後に、演奏が始まる。

 

ごちゃごちゃ語ることはもうしない。

ぜひ、自分達の信念を曲げず、幾多の困難があろうと解散まで走りぬいた悪魔たちの最後の姿を知ってほしい。

 

19分後、聖飢魔II蝋人形の館というイメージは完全に覆されているはず。

 

まとめ

どうでしたか?

すこしでもみなさんの聖飢魔IIに対するイメージがこの記事を読む前よりも、

良い物になっていればとても嬉しいです。

 

あ、これを書いてるのが2016年9月11日なので、もうすぐ地球デビュー31年ですね。

 

では今回はこのあたりで。

また会おう、ブハハハハハハハハハハ!!